11月7日にWBSS決勝、井上尚弥VSノ二ト・ドネアの試合、

You TubeやWOWOWの再放送を含めるともう10回以上は観たかな?(笑)

 

僕は根っからのボクシングフリーク。

 

ワールドボクシング(現在は廃刊)とボクシングマガジンはかれこれ20年以上

購読し続けて、持っているボクシングのクラッシックビデオは100本を超えます。

まぁビデオのほとんどは今はYou Tubeで無料で観れるという(笑)

それを30年前に渋谷のセンタースポーツまで行って

一本1万円〜2万円の値段で購入してました。

ジョー小泉の単行本、「世界のKOアーティストパート1.2」は常に枕元に

置いてある状態で寝る前に必ず読んでいたなぁ。

 

僕自身ボクシングジムに通った時期はありましたが、

経験の浅い4回戦ボクサーにボディブローで悶絶させられた瞬間に

ボクサーの夢は諦めました。(笑)

やるより観る方専門ですね。

 

井上尚弥VSノ二ト・ドネアの試合感想を書いてみたいと思います。

 

まず、今回の試合に向けてドネアは相当練習を積んできたなと。

明らかにWBSSの一回戦、二回戦の時と動きのキレが違う。

そして井上戦に臨む覚悟。

多分ドネアは「この試合(井上戦で)で死んでもいい」と

本気で思っていたんじゃないかな?

 

試合が始まり、1ラウンド目のパンチの交換で

井上のスピード、スキルに圧倒されたと思う。

 

井上のパンチが紙一重の差でドネアの顔面を捕らえる。

それでもドネアはグッと堪えて焦らない、効いていても顔には出さない。

これはドネアが井上のスピードに負けて被弾する事を事前に

想定していないと1ラウンド目で心が折れていただろう。

 

そして2ラウンド目。

序盤は1ラウンド目同様に井上がスピードとスキルで圧倒し、

左フックがドネアのテンプルを捕らえてぐらつかせる。

 

この瞬間、井上は100パーセント勝ちを確信した。

と、同時にドネアへのリスペクトが心の隙を生んだ。

 

「もう少しパンチの交換がしたい」

「尊敬するドネアの評価を下げたくない」

井上の様々な思いが交錯する。

勿論、これは僕の想像でしかないが、フックでドネアを

ぐらつかせた後、なぜか井上自ら後退し、目に見えて手数が減った。

 

「そっちが来ないなら、こっちから行かせてもらう」

と言わんばかりにドネアがプレスをかける。

ロープ際、井上の一瞬の迷い、心の隙をついた

ドネアの左のショートフックが井上の顔面を捕らえた!

 

右目瞼のカット、右目眼窩底骨折。

 

ここで圧倒的に実力差があった井上とドネアの戦闘力が五分になった。

 

勿論、ドネアはこの一発のパンチを当てる為に地獄のような反復練習をしてきた。

たとえ井上尚弥に心の隙があったとしても

並みのボクサーじゃ防御勘の優れた井上に対し、あんなパンチを

当てられるわけがない。

五階級制覇でキャリアの長いドネアだからこそ当てる事ができたパンチだ。

 

右目上のカット、流血の酷い井上。

今まで何百戦も世界戦を観てきた感想として、

「日本人のボクサーは総じて予期していないトラブルに脆い」という印象を持っていた。

だから正直、井上の初黒星は目がやられた時点で覚悟した。

 

ここからの井上が凄過ぎる。

 

負傷した右目を右グローブで庇いながら強い左ジャブとステップワークでドネアを翻弄させる。

左目しか見えていないのでジャブで距離感をつかみながら

5ラウンド目には右ストレートでドネアをぐらつかせる。

 

これ、世界的に見てもなかなかこんなタフなボクサーはいない。

 

1973年3月、モハメド・アリ対ケン・ノートン第一戦。

序盤でケン・ノートンの右フックで顎を骨折し、

それでも15ラウンド戦い抜いたアリの姿と重なる。

 

そして9ラウンドにはドネアの意地の右ストレートで井上をぐらつかせ、井上尚弥の

ボクシング人生初のクリンチワークを強いられた。

 

圧巻は11ラウンド、井上の右アッパーから左ボディーの

コンビネーションでドネアからダウンを奪う!!

 

僕はここでいつも泣いてしまいます。(笑)

 

そして最終ラウンド、井上有利で進みながらもラウンドが終わる間際で

ドネアが声を振り絞り、残された力の全てを使って井上に襲いかかる。

ここでゴング試合終了。

 

この試合の総括として

まず、井上尚弥とノ二ト・ドネアのスピード、スキルの差は

戦前、多くのボクシング評論家が予想していた通り開いていたと思う。(井上が圧倒的に有利)

 

その戦闘力の差を埋めたのは井上の一瞬の心の隙をついた

2ラウンド目のドネアの左のショートフック。

このパンチにより、井上が右目を負傷、

これで二人の戦闘力が五分となり、結果として熱戦、名勝負となった。

 

2ラウンド目にあのパンチを井上に当てる、キャリアに裏付けされたドネアの当て勘も凄いし

ハンデを背負いながら12ラウンド戦い抜き、

しかも勝利を掴んでしまう井上は末恐ろしいボクサーになると確信した。

 

こんな名勝負はなかなかお目にかかれない。

 

1981年9月16日にラスベガスで行われた

シュガー・レイ・レナードVSトーマス・ハーンズ

のウエルター級統一戦以来の名勝負だと思う。

 

この真剣勝負という最上級のドラマを魅せてくれた井上とドネアには

「ありがとう」という言葉以外見つける事ができない。

 

三浦一人ワンマンライブ -新芽-

 

〜予約受付中〜

 

-グランドピアノ弾き語り単独ライブ第二弾!-

 

○サポートメンバー 時雨(バイオリン)

 

【日時】

2020年1月18日(土)

開場18:30 開演19:00

 

【会場】

Live Space CAVALLINO

埼玉県川口市栄町3-3-12 ローデンブルグ2F

TEL048-258-0603

【入場料】

3000円

※定員60名

 

【予約方法】

1.お名前 2.電話番号 3.公演名 

1〜3をご記入いただき

090-1257-5395(三浦)または

info@miurakazuto.com

までご連絡ください。

 

【お支払い方法】

当日受付払い・ライブ会場にて代表者の名前をお申し出ください。

 

三浦一人ワンマンライブ2020 -立夏-

 

〜予約受付中!〜

 

○サポートメンバー

中田"ジェシー"洋一(ギター)

時雨(バイオリン)

 

【日時】

2020年4月11日(土)

開場18:30 開演19:00

 

【会場】

Live Space CAVALLINO

埼玉県川口市栄町3-3-12 ローデンブルグ2F

TEL048-258-0603

【入場料】

3000円

※定員60名

 

【予約方法】

1.お名前 2.電話番号 3.公演名 

1〜3をご記入いただき

090-1257-5395(三浦)または

info@miurakazuto.com

までご連絡ください。

 

【お支払い方法】

当日受付払い・ライブ会場にて代表者の名前をお申し出ください。

 

 

 

 

 

 

コメント
三浦さんが歌以外でこんなに熱く語るのは珍しいですね!

私はスポーツ音痴で興味ない人なんですが、今回何故か見てしまいました
最後試合終わった途端に二人抱き合ったのは本当に感動的でしたね
これがスポーツマンなんだって感じました

これからもライブ以外に三浦さんの趣味、感動したことも載せて下さいね!
  • mican
  • 2019/11/28 8:52 PM
コメントする




    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
   

オフィシャルサイト

◆三浦一人オフィシャルWebサイト
http://www.miurakazuto.com/

◆お問い合わせ
090-1257-5395
info@miurakazuto.com

    

次回ライブ日程

◆三浦一人ワンマンライブ
-新芽-
2020年1月18日(土)
開場18:30 開演19:00
@川口Live Space CAVALLINO
予約受付中!

    

最近のエントリー

最近のコメント

  • 11月7日 WBSS決勝 井上尚弥VSノ二ト・ドネア戦
    mican
  • 新たにライブが決定しました!2020年4月11日(土)三浦一人ワンマンライブ2020 -立夏-
    ピカピカのランドセル
  • 11月9日(土)三浦一人ワンマンライブvol.22-思郷- ご来場いただいた皆さん、応援ありがとうございました!
    明治通りDAISUKI
  • 11月9日(土)三浦一人ワンマンライブvol.22-思郷- ご来場いただいた皆さん、応援ありがとうございました!
    紫雨子
  • 11月9日(土)三浦一人ワンマンライブvol.22-思郷- ご来場いただいた皆さん、応援ありがとうございました!
    森の山猫
  • 「親子時計」のPVが完成しました!是非、ご覧ください。
    星の街の住人
  • 「親子時計」のPVが完成しました!是非、ご覧ください。
    窓辺の黄花コスモス
  • 「親子時計」のPVが完成しました!是非、ご覧ください。
    アベリア
  • 「親子時計」のPVが完成しました!是非、ご覧ください。
    紫雨子
  • 「親子時計」のPVが完成しました!是非、ご覧ください。
    森のリスと仲間たち
    

カテゴリー

バックナンバー

リンク

携帯からの閲覧

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM